カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガザのハマス なぜ再び挑戦的か
 イスラエルの南部の市民を守る国防軍IDFは、今度も情報の勝利を見せつけたという。
 空軍は、まずハマスのミサイル基地を襲撃し、撃破している。どこに何があるかイスラエルにはお見通しだ。
 ハマスの軍事幹部を空から殺している。
 
 今度の戦闘はどうして生じたのか。(もちろん、まだ地上戦は行われていないが)
 4年前、イスラエルはガザを徹底的に攻撃し、ハマスの戦力を十分に叩いた。
 しかし、その効果もしだいに薄れてきたわけだ。ハマスは、着々戦力を補充してきた。
 イランからの支援である。
 ハマスは、もともとエジプトのイスラム主義の流れを汲む。最近の、イスラム主義の興隆、特にカイロ政権にモスリム同胞団の仲間が就いたことは自信を深めたに違いない。 これは実に危険な「火遊び」である。

 戦火が拡がるかどうかは、ハマスの出方で決まると思う。どうするか。
 イスラエルは、今回、はっきりとそのメッセージを伝えているわけである。
 何万ものイスラエル南部の市民の不安と恐れを、イスラエルは放置しないと。必ず、防衛すると。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1561-e7be18f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。