カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベル文学賞の前評判にケチをつける
 ノーベル文学賞が今晩、受賞者の名が発表されるという。
 村上春樹の名も、新聞の評判として本命視されていると、持ち上げられている。
 私は、いかがなものかと思うのである。
 もし受賞となっても、全然嬉しくない。
 ノーベル賞の名が廃る。

 大江健三郎なども、ひどい偏向した左翼で、A新聞の宣伝塔か。韓国メディアで大江は大歓迎である。
 
 村上は、尖閣列島問題で何と言っているかというと、日本の対応を「安酒の酔いに似てる」と表現した。それで中国は得たりと、喜んで彼を利用している。

 彼らの共通要素は、反日である。また、反ナショナリストでもある。
 村上の、イスラエルで「エルサレム賞」を受賞したとき、エルサレムを訪問したことは良いとするが、何も分かっていないくせに、「卵と壁」に喩えて、パレスチナを擁護した。言論の自由を尊重するので、彼の批判を封じるつもりは全くないが、その代わり、こちらも言わせてもらう。

 さて、文学的質と内容においては、どうか。
 無国籍な、無機質な文体のゆえに、インターナショナル的には、世界の中に知られているし、商業的にも翻訳本は成功しているようだ。しかし、過去の偉大なノーベル文学賞作家に比べて、恥ずかしいではないか。
  私の好きなヨーロッパ文学のトーマス・マン、アンドレ・ジード、ロマン・ローランヘルマン・ヘッセやアメリカのジョン・スタイベック、ヘミングウェイなどの高峰や、思想・哲学のモムゼン、ベルグソン、ラッセルなどは、だれでもその受賞に納得するだろう。ユダヤ系の文学賞受賞者で言えば、、イスラエルのアグノンや、イーディシュ文学のアイザック・シンガー、ベローなどはすごく精神的なだ。

 私の知人で、某大出版社の編集から社長になったのが、一言、村上春樹は高級エロ本だ、と評した。
 同感である。アダルト本だな。読まずに言っているわけではない。評判の『ノルウエーの森』を読んでの感想だ。

 日本のエロ作家への授賞は止めて欲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1518-98be1808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。