カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコットとソロモンの神殿と
 スコット(仮庵の祭り)の最中である。
 こんな時に、イスラエルに行ける人はうらやましいね。

 エルサレムの西の壁には、多くの人々がスコットの4種の植物をもって祈るために来る。白い祈祷衣に、緑の葉と黄色のエトログの実、美しい光景である。ミルトスの枝もある。

 さて、神殿を最初に建設したのは、ダビデ王の子ソロモン。
 献堂式を行ったのは、実にスコットの日である。

 だから、西の壁での祝祷は特別であろう。
 ソロモンによって、出エジプトの偉大な事業は完成されたわけで、それへの記憶とスコットは結びついている。

 友人たちが、明日、イスラエルのキブツ・ヘフチバの90周年に祝賀に行く。
 シオニズムの理想に燃えたチェコのユダヤ青年たちが帰還して開拓、長い年月がたった。
 新しい出エジプトをしたキブツの人々に、心から祝福を送りたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1507-09c97004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。