カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレスチナ人 アッバス大統領の国連演説に無関心
 国連の話の続き。
 パレスチナ大統領の演説が行われたが、パレスチナ人の反応は無関心であった。
 昨年は、国連総会でアッバスが話したときは、パレスチナでは大動員で民衆はいかにもすぐ、パレスチナ国家ができるような錯覚をした。させたと言うべきだが、今年はその気配が一切無かった。

 彼らもよく知っている。今、中東ではパレスチナが話題になる余地はないと。
 アメリカの大統領選挙の年、そして中東での関心はイランにあり、シリアにある。

 パレスチナ人は、大統領の演説が美辞麗句の空しい言葉であるのを分かり切っている。
 タクシーの運転手がイスラエル人の記者に、「自分が心配しているのは、ガソリンの高い値段と肉の値段のことだ」と漏らしたという。

 一方、アッバスの演説は、イスラエルへの非難で、入植地のイスラエル人がパレスチナを攻撃してくるとのオーバーな表現に、イスラエルのリーベルマン外相は怒っているとか。イスラエルはパレスチナの経済を支援し金融崩壊を防いでやっているのに、と。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1498-e79b7ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。