カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤ教に雅歌という恋愛賛歌がある意味
 ヘブライ語聖書対訳「雅歌・ルツ記・哀歌」を編集中に思ったこと。
 ユダヤ教に、愛の詩歌集「雅歌」が存在し、聖書にまで入れられたことは、1世紀当時、この雅歌が民衆に、ラビに愛好されていたことを示す。原題で、シール・ハシリーム(歌の中の歌、の意)

 愛、それも恋愛を賛美した聖書が雅歌であるから、くそまじめな人は疑問をいだくだろう。

 愛を通して神を慕いこがれる! それも、ユダヤ教の信仰の一部だった。(大きな部分かどうか知らないが。)
 普通、ユダヤ教は律法の宗教である。しかし、キリスト教は愛の宗教だと、言われる。
 それは順序が違うようだ。
 
 人間の人格は知・情・意で働くという。ギリシア語で知はロゴス、情はパトス、意はエトス。
 それをユダヤ教に当てはめれば、知の面でユダヤ教は「知恵」を重んじ、学ぶことを大切にする。意の面で、おきてをきちんと実行する意思を鍛える。そして、情の面でも、感情を十分に表現する詩歌を持っている。

 愛の宗教は、ユダヤ教から由来した。というのが、真実だ。
 ユダヤ教は、律法の宗教ではない。

 というような発見をしたのである。雅歌は、30歳以下の者には読ませるな、とはタルムードの規定。それだけに、それは成熟した人格に相応しい歌であろう。

 高村光太郎の『智恵子抄』は、雅歌の日本版だと思っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1467-8444c4c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。