カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評「ユダヤ人イエスの福音」
 近刊の著書『ユダヤ人イエスの福音 ヘブライ的背景から読む』を日頃からお世話になり読書好きの方々に謹呈した。
 幾人かの方から、お返事を頂いたが、好評を頂き、恐縮である。

 私の経営上のメンター(先生)である、種子島経さんは毎週「明石暮らし」というブログを書いておられるが、今朝のページには「ユダヤ人、イエスの信仰」と題した中に、弊書を書いてくださった。小生の紹介の部分は過分である。

 種子島さんは、元BMW東京の社長、その前はカワサキのオートバイを海外で売りまくり、オートバイの伝説的名車Z1を製作した名物人物で、海外通である。欧米のキリスト教もよく知っておられる。

 確かに欧米のキリスト教会の殷賑を極める豪勢さは、あの厳しいローマ占領下のユダヤ庶民、イエスとは無縁であろう。
 もう一度、原点に返って、原始イエスに学び直すことが、キリスト教の信仰の復興につながる。

 これが、まあ、私の信条かな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1463-fbf55ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。