カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

申命記の朗読が始まった
 旧約聖書の中で、イエス・キリストが最も重要な聖句として引用しているのは、申命記からである。
 たとえば、「聞け、イスラエル」のシェマーの祈りなど。
 私も日々、ヘブライ語で唱えることにしています。難しくないですよ。
 『今日から読めるヘブライ語』(ミルトス刊)に読めるように載せてあります(120頁)。
 この申命記、重要な書であることは間違いないので、聖書の読者なら、一度は通読されるといいですね。

 さて、ユダヤ人の聖書朗読、一年間の周期で毎週読む箇所が決められているが、その箇所が先週からいよいよ申命記に入った。ちょうど、ティシャ・ベアヴの時期に回ってくる。
 そして11週かけて、読み終える。
 今週は、申命記3・23~7・11「ヴァエトハナン」である。
 このヴァエトハナンは、モーセが「嘆願した」という意味で、この箇所の冒頭のヘブライ語。切に祈り求めるが、モーセは、神から約束の地に入ることを拒絶されるわけである。
 今週の箇所には、ものすごく有名な聖句もある。シェマアの後に、
「あなたは心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい」(6・5)

 というわけで、この夏も、渾身の力をふりしぼって、頑張るぞ!
 うーん、気合いを入れないと、負けそうになる。

 皆さんも、緑陰に聖書を開いてみたらいかがですか。夏の暑さに負けずに、お大事に。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1440-53f33880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。