カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリア情勢 イスラエル軍情報部のブリーフィング
 シリア情勢について、イスラエル軍情報部のコハビ少将が、議会の外交防衛委員会で語った。
 アサドは早晩倒れるであろう。それは2カ月先かも、2年先かも分からないが、反政府軍を鎮圧はできないでいる。そして、ジハード系の力が強まり、ゴラン高原はシナイ半島と似た状況になるかもしれない。つまり、反イスラエルテロ集団がゴソゴソするということ。

 アサド側の軍は、日毎により残酷に反撃している。

 イスラエルとシリアが軍事衝突する可能性は低い。アサドがゴラン高原から軍隊をダマスカスの方に引き揚げている。反政府軍と戦うために。

 バン国連事務総長は、中国にシリア問題解決への協力を求め、訪れている。 
 今週、国連でシリア問題への議決をする前に。

 というわけで、アサドが退場するのは時間の問題としているが、その影響をしっかり監視しているようだ。
 ともあれ、シリアの平和的解決を願う。イスラエルへのとばっちりはご免だよ。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1421-1c93e1d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。