カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャミール元首相逝去 本日国葬に
 イツハック・シャミール元首相の国葬が、本日、ヘルツェルの丘で催される。土曜日に、逝去された。
 彼の経歴をたどると、イスラエル建国史の一面がよく分かる。
 シャミール氏は、超右派の政治家として知られる。
 しかし正真正銘の愛国者で、若い頃にポーランドからパレスチナに帰還し、反英闘争で活躍した。
 何度も投獄、追放の目にあっている。
 建国後は、モサドの要員として、数々のオペレーションを導いた。
 政治に参加したのは、ベギンの政党から。
 電撃的なサダト・イスラエル訪問の時には、国会議長。
 ベギン首相が辞職の後に、代わって首相の地位に就くが、すぐ辞めさせるだろうとの予想に反し、しぶとい政治力を発揮した。これは建国前の苦難を生きぬいた彼の天性によるのか。
 元もと、ベギンと同様、ジャボチンスキーの修正派シオニストで、反英闘争では最も過激な集団レヒ(ステルン派)を導いた人物である。
 有名なのは、湾岸戦争当時でも首相であったが、イラクのフセインがイスラエルをスカッドミサイルで攻撃したとき、アメリカの要請を聴き、自制策をとったこと。単なる右派ではなかった。

 晩年は、アルツハイマー症であったよし。享年96歳。イスラエル英雄時代の最後の一人。
 ご冥福を祈る。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1393-f9557c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【シャミール元首相逝去 本日国葬に】

 イツハック・シャミール元首相の国葬が、本日、ヘルツェルの丘で催される。土曜日に、逝去された。 彼の経歴をたどると、イスラエル建国史の一面がよく分かる。 シャミール氏は...
[2012/07/02 23:15] まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。