カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米高官がイスラエル空軍シリア核施設攻撃の内情暴露
 イスラエルが単独でイラン核施設に先制攻撃するかどうか、世界中で関心を持つ人々の間で論じられている。
 こんな時、アメリカの元ブッシュ政権の高官が、エルサレムポスト紙とのインタビューで答えるのに、興味を引いた。

 それは2007年に、オルメルト首相がシリアの核施設建設現場を空爆して、破壊した事件のことである。
 初めて、米国とイスラエルの秘密のやり取りを暴露したわけだが、シリアの核開発を知った両国はどうするか相談しあった。米国はこの事実を世界に公開して、外交的手段でシリアのアサド大統領に中止させる手段を提案した。IAEAや国連が対処する案で、ライス国務長官が推奨した。
 しかし、イスラエルはそれを拒否。以後、イスラエルは連絡をやめて、独自にシリア核施設を攻撃した。
 その事後、イスラエルは米国にそれを通知したのであった。

 米高官は、それが正しかったと認めている。当時は、軍事手段に反対であったが。
 オルメルト首相は、正しい決断をしたのであったと。

 しかも、その攻撃を公開しないでおく政策をイスラエルは取った。アサドの面目を保つために、と。
 9月7日に事件があって、それが外部に洩れたのは2週間後のこと、トルコからであった。イスラエル空軍機の不要備品が領内に廃棄されてあったのが見つかったためである。

 イスラエルが、米政府にも知らせずに軍事攻撃をすることはあり得るのだ。それが、国の安全保障に絶対必要と判断した場合に。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1361-0dfa7f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【米高官がイスラエル空軍シリア核施設攻撃の内情暴露】

 イスラエルが単独でイラン核施設に先制攻撃するかどうか、世界中で関心を持つ人々の間で論じられている。 こんな時、アメリカの元ブッシュ政権の高官が、エルサレムポスト紙との...
[2012/06/19 13:57] まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。