カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリア内戦状況に ペレス大統領は同情か
 シリアの騒乱は、15カ月経って、「内戦」状況だと、国連の高官も認めるようになった。
 国連の監視団も、危険な目にあい被害のあった現場に近づけないでいるとのこと。

 今、シモン・ペレス・イスラエル大統領が訪米中で、クリントン国務長官との会議を開いているそうだが、その席でも、シリア情勢を憂慮し、イスラエルとしては道議的に市民を応援すると、はっきり語っている。

 イスラエルが、隣国の問題に沈黙を保っている段階から、戦略が次のレベルに移ったのか。

 奇妙なのはロシアの動向であろう。ロシアとしては、アサド政権の退陣を防ぎたいのだ。
 政府側を支援して、軍事へりコプターを送っている疑いを、クリントン国務長官は示唆している。
 反政府側は、軍事力は極めて劣勢で、政府軍を倒す力はない。
 泥沼化になるだろう。

 イスラエルの外の、アラブ圏は大変である。イラン、エジプト、ヨルダンなど問題をかかえて。
 間もなく、エジプト大統領決定選挙の日がくる。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1360-2dec165b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【シリア内戦状況に ペレス大統領は同情か】

 シリアの騒乱は、15カ月経って、「内戦」状況だと、国連の高官も認めるようになった。 国連の監視団も、危険な目にあい被害のあった現場に近づけないでいるとのこと。 今、シモ
[2012/06/13 10:23] まとめwoネタ速neo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。