カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラブ系イスラエル人の68% 他の国よりイスラエルが住むのにいい
 イスラエルに住むアラブ人の68%が、他の国に住むよりもイスラエルの方がいい、という。
 これはハイファ大学の教授が、調査結果を発表した報告。

 それはそうでしょう。隣のシリアでは、時の政権の軍隊が自国民を平気で殺しているのだから。
 それに、イスラエルで認められているような自由は、非常に厳しく制限されている。
 信仰の自由も、危うい。シリアではイスラム教徒シーア派が多数派なのに、抑えられている。そして、今や命の危険まで。

 ハイファは、建国前からユダヤ人もアラブ人も共存してきた。今も、一緒に暮らしている。
 もちろん、アラブ系が社会的にユダヤ系と全く平等とはいっていないだろう。
 イスラエル政府も、その面では努力が必要だ。
 しかし、それは相対的なことで、アラブ諸国では絶対にあり得ない、平等な待遇を受けているのじゃないかな。
 エジプトでは、キリスト教徒のコプトがしばしば差別と迫害にあっている。

 ハイファ大学の調査では、アラブ系イスラエル人がイスラエルをヘブライ語を話す国と認め、シャバット(土曜日)を休日と受けいれているという。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1351-b77494fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。