カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタニヤフ首相の祖父 シオニスト雄弁家だった
 ビビ・ネタニヤフ首相のお祖父さんのこと。
 ラビ・ナタン・ミレイコフスキーとおっしゃる。1920年にポーランドから一家上げて、シオンに帰還してきた。
 その中に、ネタニヤフ首相の父ベンツィオン、当時10歳の少年もいた。祖父は、作家でありシオニズムの雄弁家として有名で、世界各地、特にアメリカに行って、シオニズムのために弁論した人。

 ネタニヤフ首相が、エルサレム・デーに、メルカズ・ハラヴというユダヤ教神学校を訪ねたとき、そこのラビから古い手紙をもらった。
 それは何と、祖父の手紙で、ラビ・アブラハム・クック宛てに書かれたものであった。
 クックは、建国前の聖地のユダヤ人にとっての、偉大な霊的指導者である。
 メルカズ・ハラヴは、ラビ・クックが作ったイェシヴァー(学塾)で、今もエルサレム一といわれる正統派の本山。

 ネタニヤフ首相は、大変に感激していたという。
 こんな家族の系譜をみると、現首相は根っからのシオニストのラビの家系の出自である。
 ビビが、右派と言われるが、宗教家から信頼されるのも、うなずける。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1316-d2a99644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。