カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行く春を想って
 春も過ぎようとして、なお肌寒い日が戻った。何と冷え冷えとしたか。 

 望郷の詩人、杜甫の絶句を想う。
 だれでも一度は読んだことがある漢詩である。 

  江碧鳥逾白  江(こう)碧(みどり)にして鳥逾(いよいよ)白く
  山青花欲然  山青くして花然(も)えんと欲す
  今春看又過  今春、看(みすみす)又過ぐ
  何日是帰年  何れの日か、是れ帰年ならん


 自分も、もう郷里を離れて50年は過ぎた。
 父は世を去り、母は老いて弟妹が世話をしている。有り難いが、また慚愧の思い。 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1315-9f6864eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。