カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東欧ユダヤ音楽が日本人によって
 昨夜は、日本イスラエル親善協会の「イスラエル独立64周年記念の夕べ」に出かけた。
 
 感心したのは、第2部の「東欧ユダヤ音楽・クレズマー演奏」であった。
 ついに日本にも、ユダヤ人の知られざるフォークミュージックが演奏する人たちが現れたかという感慨である。樋上千寿(ひのうえちとし)さんのバンド。

 クレズマー、この発音はクレズメルで覚えてきたが、「屋根の上のヴァイオリン弾き」やシャガールの絵の中にも描かれた、東欧ユダヤコミュニティーの街頭音楽師のことである。
 そして、彼らの弾く音楽ジャンルも、同じ言葉で呼ばれる。
 昨夜は、クラリネットが中心だったが、ヴァイオリン弾きもいる。

 婚約がなって、結婚式のあることを街に知らせる役割のクレズマーが弾く曲が、明るく喜ばしいものでなく、短調の淋しそうな曲であった。なるほど、ユダヤ人らしいと思った。花嫁は心ならずも、嫁ぐ悲しみみたいなものが伝わるのである。

 少しずつ、ユダヤ文化が日本にも浸透していっている。
 時の進むのを感じて、自分もこの実にマイナーな、ユダヤ出版にもう一度気持ちを新たに頑張ろう。

 
スポンサーサイト

コメント
私も聞いてました
私も聴いてましたが、単調ではなく短調でしたね?!素晴らしい音楽でした!!
[2012/05/15 19:29] URL | 七井誓 #- [ 編集 ]

Re: 私も聞いてました
> 単調ではなく短調でしたね?!

すいません。漢字変換ミスでした。校正する暇もなかったので。
[2012/05/15 23:32] URL | 河合一充 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1303-becbf769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。