カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルの観光省が叱られる
 5月14日と言えば、イスラエル独立宣言の日、正しこれは西暦による。
 イスラエルでは、公式にはユダヤ暦だから4月26日に記念日を祝った。
 ともあれ、64周年をお祝いしたい。
 この間の達成は、様々の国難を克服したうえのもので、見上げたものである。
 聖書の国であり、ツーリストの数もすごい。自由に聖地を巡ることができる。
 イスラエル観光省の計画では、2015年には5百万人以上を迎えるという。 ところで、会計検査院の年次報告では、2011年度の観光プロジェクトに関して、政府、特に観光省をいたくお叱りであった。
 計画はあっても、実行していないと。
 大幅なインカミングの入国者のために、備えがなっていないというのである。
 諸外国との必要な航空協定も、新空港の計画も進んでいない。
 ホテルの増設も、机上の空論だ。

 やはり、外国からのお客さんを迎えるには、インフラの充実が大事である。
 でも、日本に比べれば、イスラエルは観光立国で、整備されている方だと思うが。




 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1301-6c68416e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。