カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマ大統領 同性どうしの結婚を認める発言
 アメリカの世の流れはびくりすることがあるが、これもその一つ。
 オバマ大統領が、公に、同性のカップルの結婚を認めると、述べた。それを認める最初の大統領である。

  これはアメリカ社会の傾向を追認するような発言であろう。
 政府や軍隊のが、抱えている問題であるところから、もう無視できないからか。

 この発言に対して、アメリカのユダヤ人は多くが賛成という。
 これにもびっくり。ユダヤ教は、男女の関係を非常に神聖なものと考え、信仰の上からも同性愛を認めないはずだからである。
 もちろん、厳しく非難するユダヤ人も、9%位はいる。ユダヤ人の意識調査から、伺えるが、これはユダヤ教正統派の人口比率に当てはまると思われる。厳重な抗議の声を上げている。

 キリスト教徒も、同様な考え方らしい。寛大な大勢と、厳格な少数と。 道徳的にも保守派の共和党でも、最近は寛大になってきているとか。
 だからオバマ大統領は、選挙戦に影響なしと考えているのだろう。

 でも、へんだと、最後まで私は思い続けるだろう。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1295-4f8ee74b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。