カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

驚きのイスラエル政局 カディーマ連立に参画
 驚き桃の木・・とは、イスラエルの政治ドラマ。
 昨日の深夜、ネタニヤフ首相と野党のカディーマ党のモファズ党首と話し合いがあって、モファズ党首が連立内閣に参加し、副首相となる。
 つまり、与党リクードとカディーマが連立を組んで、来年の首相任期まで、イスラエル政府を成すという。

 つい数週間前の、モファズ氏は、カディーマの党首選に勝利したばかり。選挙戦では、ネタニヤフ政府を批判し、リクード党とは組まないと言っていたのである。

 これで、総選挙の前倒し法案は消える。ネタニヤフ首相のこの変わり身の早さはどうだ!
 しかも、このカディーマと連立する話は、数日前から密かに取り組まれていたそうで、日曜日の演説、翌日の閣議決定はお芝居であった。

 超正統派ユダヤ教徒の兵役免除の法案も、修正されるとの見込みである。

 カディーマは、もともとリクード党からシャロン前首相が脱退してつくった政党。
 保守穏健派として、リクードと違うわけではない。
 いつもネタニヤフに逆らっているリーベルマン外相は、余り勝手な真似は出来にくくなるかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1292-d42f90af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。