カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルの最新潜水艦の進水式
 潜水艦の進水式、といってもイスラエル海軍のだが、ドイツで建造されているもの。
 昨日、ドイツのキール市において祝典が開かれ、イスラエル第4番目の最新式のドルフィン型潜水艦をイスラエルに渡された。(といっても、これから内装工事で、2013年に就航の予定)
 もちろん、核ミサイルも搭載可能で、イスラエルの国防に飛躍的な軍事力をもたらすと見られている。
 
 面白いのは、この潜水艦のことを「タニーン」と呼んでいるのだ。ひょとすると、名称かな。あるいは愛称か。
ヘブライ語で「鰐」の意だが、聖書にも出てくる海の怪獣をさす。
 地中海の中にもぐりながら、エジプトやシリア、レバノン、トルコから海域を守り、その他にも、いま採掘している天然ガス田の防御に当たるという。それだけではないと思うが。(イランへの対応?)

 このニュースの重要点は、他にもドイツとイスラエルの関係の親密さに注目できることだ。
 まだ、あと2隻の潜水艦を発注しているとか。

 キール市の軍港のことは、歴史で習ったが、第1次大戦末に反乱が起こり、結局ドイツの敗戦にいたらしめた。ああ、そこで、イスラエルの潜水艦が建造されているのか、と何となく感心する。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1285-6560c6b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。