カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社の近辺 風景点描
 連休の間の都心は、少し静かだ。
 九段のあたりのあの豊かな桜並木も、今は新緑。あっという間の桜の花だった。

 でも、会社の近辺の街頭が、いま花盛りである。
 九段交差点から目白通りを歩いて約5分のホテルグランドパレスの前のビルに小さなわが事務所がある。
 ホテルの前の街路樹は、白い花が咲いている。ハナミズキのようだ。
 それから車道と歩道を仕切る背の低い灌木は、赤紫の花が満開である。これはツツジである。

 2,3年前まで、道路工事が長く続いていたが、ほんとうに歩くのにも快適なストリートになった。

 この界隈は、ビルの谷間に、昔からの地の人の木造家屋が残っている。そして、植木が並ぶ。
 小さな草花は、通勤の途中の忙しそうな人々には、あまり目を留められない。
 時には、ゆっくり歩いて、立ち止まって、眺める。
 日本人って、根っから自然が好きなんだ。
 元飯田町なんていう名が昔はあったとか。宝井馬琴の住居跡が、マンションビルの片隅に。
 そうだ、江戸の町だったんだ。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1280-89faaf1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。