カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京スカイツリーの「心柱」
 東京スカイツリーの展望台が、報道陣に公開されたと、テレビで見た。
 なるほど、素晴らしい展望らしい。
 練馬区に住んでいるが、10階のベランダからもその高い塔が見える。
 昨夜は曇ってスモッグっていて、かすかな点灯は見えなかったが。

 「みるとす」の今月号に、池田裕(筑波大名誉教授)先生が書いてくれた「聖書の世界エッセイ」の記事「心柱」を改めて、思い起こした。
 
 宮大工の滝川昭雄氏の話によると、東京スカイツリーには古建築の技術が使われているそうだ。五重塔や三重塔などにある心柱とよばれるもので、塔の中心に立てられていて、しかし塔の建物とはつながっていないという。・・滝川氏は、こう説明するーー
「地震の時、建物と心柱はそれぞれ違う揺れ方をします。それが、地震のエネルギーを相殺し、塔は倒れないのですわ。地震で五重塔が倒れたという話は聞いたことがありません。東京スカイツリーも、揺れには強いと思います」
 東京スカイツリーの中心部には、直径8メートル、長さ375メートルの細長い鉄筋コンクリートの心柱が立てられているという。


 池田先生は、この話と聖書とどう結びつけるか、と思ったが、さすがである。
 後は雑誌をお読みいただきたい。

 ともあれ、東京スカイツリーは日本の技術の粋が集められているそうだ。
 そう知ると、感動が違ってくる。
 見学にも行きたいが、人並みの収まってから、ゆっくりと。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1253-fbd28817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。