カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパにユダヤ人憎悪の犯罪の津波が来るか
 ウクライナのキエフで、イェシバー(ユダヤ神学塾)の学生が夜間、シナゴーグを出た後、行方不明、大けがをしていたところを発見された事件が起こった。日曜の夜のこと。
 明らかに、彼がユダヤ人であるゆえに襲われたという。
 欧州ユダヤ会議は、ヨーロッパの政府指導者に、反ユダヤ主義の憎悪の犯罪がツナミのように来ることを警戒してほしいと、声明を出した。
 3月には、フランスのトゥールーズでユダヤ人幼稚園が襲撃されている。

 ヨーロッパでは、ネオナチスの集団が活動していることに再び、ユダヤ社会は警報を鳴らしているのだ。

 キエフは、歴史的にユダヤ人の居住地であって、帝政ロシアの時代にはしばしば、ユダヤ人虐殺が起こっていた。時代が新しくなっても、根は深いと言うことだろうか。
 キエフのユダヤ指導者は、街を歩くときには、ユダヤ教の服装をしないようにと注意しているそうだ。頭に被るキッパーなどで、すぐユダヤ人と分かるから。

 問題は、ウクライナの警察が犯人の動機を「憎悪犯罪(hate crime)」と認めようとしない点らしい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1238-b820728c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。