カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イランへの制裁 銀行間の通信スイフトコードの停止とは
 銀行で海外送金を依頼するとき、相手の銀行のSWIFT(スイフト)コードを訊ねられる。
 これは、銀行間の送金の手数を短縮する金融機関の国際通信として欠かせないツールである。
 SWIFTとは英語で、速やか、という意味だが、実は「国際銀行間通信協会」(本部・ベルギー)の略。 

 これに関連した地味なニュースなどで、一般の人は気がつかないし、新聞も大きく取り上げないが、これはすごく重要だと思う。
 それはスイフトコードを取りしきる本部が、EUが制裁対象とするイラン金融機関へのサービスを停止すると発表したことである。
 これは、イランにとってものすごい打撃である。
 イランの貿易取り引きの決済については、非常に障害になるからである。
 それこそ現金を袋に詰めて、買い物をしなければ、売ってくれない状況と等しい。

 EUやアメリカの政府は、この処置を歓迎としている。
 イスラエル政府は、言うまでもない。
 
 イランの核開発疑惑は、世界の問題であって、単にイスラエルとイランの問題と矮小化してはいけないのだが、日本のマスコミはそう理解していないのが問題だ。
 イランへの制裁は、さらに弾みがついたのである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1198-1bec599a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。