カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリアの反体制派はユダヤ人と仲良くしたい?
 「イスラエル人は、周囲の国の人間が自分たちのことを何も知ってくれないと言うが、イスラエル人だって、相手のことに無知なんだ」というのは、労働党の議員イツハク・ヘルツォーグ氏。彼は、クネセット(国会)の外務委員会に所属する。

 彼がシリアの反体制のリーダーに会い、聞いた言葉は、なんと「アサド体制の後のシリアは、イスラエルと和平を結ぶべきだ。ユダヤ人と友好関係に入りたい」というのだった。(AP電、YnetNews)
 イスラエルでは、シリアは最も頑強な敵対国として知られている。だから、シリアの動乱については、静観している状況だ。

 しかし、ヘルツォーグ議員は、シリアの反体制派に人道援助(医薬品など)を与えるべきだと思っている。隣国のシリアが、イスラエルの「友人」になるなら、これくらい大変化はない。
 イスラエル人は、ほんの少しの可能性でも、それをきっかけに道を開きたいと考える人たちだ。

 まったく嘘の話ではないだろうが、信じがたい。もし、そうなれば、中東平和は大きく前進するだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1175-e3dd1237
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。