カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリア問題 国際社会は次の段階へ移るのかどうか
 「シリアの友」会議というのが、昨日、チュニジアで開かれたそうだ。
 アラブ諸国や米国、他60カ国が集まって、シリアの虐殺、政府によって市民の人命が失われているのに、危機感を抱き、アサド大統領に抗議をしている。
 中国やロシアは、参加を拒否した。日本は参加。
 この会議で、反体制派の代表「国民評議会」を正式に承認している。

 オバマ米大統領も、強い口調で、アサドの自国民の武力弾圧と殺戮を非難している。
 アラブ連盟も、もうこのままでは我慢できないといった態度だが。

 外交的手段で言葉だけの圧力は、功を奏していないのは明らかだ。
 オバマは、国際社会に、あらゆる手段をつくすべきだと呼びかけているようだが、リビアの場合のように、軍事的援助をすることまで考えているのかどうか。
 シリアに関しては、ロシアのアサド支持が障壁となっている。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1167-7941e536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。