カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「聖書の宗教とイスラエル」発刊
 先日の2月10日に、手島郁郎著『聖書の宗教とイスラエル』を発行した。
 何人かの方に、すぐ謹呈したが、とても喜んでいただいた。
 特に、日本イスラエル国交60周年を意識したわけではないが、その意味に捉えて感動を述べくださった。
 編集者冥利に尽きる。

 さて、本の序から引用ーーー
 世界の歴史が何を目標に進んでいるのか?と歴史の方向を問われると、お先真っ暗で歴史の潮流を知る人はありません。だが、聖書を読むと、歴史の目標と方向がはっきりしていて、神のプログラムが示されている。世界史の運命は、神の御手にあるのを知ります。

 先日の日本イスラエル親善協会のフォーラムに出たとき、あるイスラエル政治の専門家の発言があったが、実につまらぬ。イスラエルも日本も、これから普通の国になるべくむかっているなどと言った。ヴィジョンのない人だった。

 著者は、聖書的観点からイスラエルを見て、旧約から新約に至る聖書の預言にある真実を解明してくれる。
スポンサーサイト

コメント
旧約と新約
ユダヤ教徒から見れば、神との契約は存在するが「旧約・新約」の概念は無いと伺ったことがあります。
ユダヤ教徒のなかにも「新約聖書」を聖典とする派があるのでしょうか。
(キリスト教もすごく大雑把にいえばユダヤ教の「一派」と言えないことはありませんが・・・)



[2012/02/16 14:31] URL | コクスイ #- [ 編集 ]

Re: 旧約と新約
> ユダヤ教徒から見れば、神との契約は存在するが「旧約・新約」の概念は無いと伺ったことがあります。
 そのとおりです。聖書はヘブライ聖書を指します。
 私自身も、旧約聖書は好きな名称でありませんが、慣用ですので、しかたありません。
 新約は、勿論、新約聖書の意です。

> ユダヤ教徒のなかにも「新約聖書」を聖典とする派があるのでしょうか。
 ありません。あれば、ユダヤ教徒に言わせれば、もはやユダヤ人でないということです。
 しかし、ユダヤ人で新約聖書を聖典とするメシアニック・ジューといわれる方々が近年、存在を現されています。

 発祥起源的に言えば、キリスト教もユダヤ教の一派でした。神殿崩壊後、ユダヤ民族の離散時代にはいると、ユダヤ教はラビ・ユダヤ教を発展させ、クリスチャンとの分離は決定的になったわけです。
[2012/02/16 16:29] URL | 河合一充 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1154-770ed459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。