カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレスチナの経済危機 その実態は甘え構造
メムリ(中東報道研究機関)のHPは、アラブ世界の情報をアラブ語メディアから抽出してくれるので、真実が分かり、世界でも注目されている。

 最近の「パレスチナ自治区の経済危機」は一見に値すると思う。
 余りうまくいっていないようだとは感じるが、客観的に分析した記事によれば
 PA指導部も認める経済危機は深刻だという。
 給与半額支給に抗議するPA職員とかの情報からも判断できる。

 経済危機の根源は1.援助諸国の資金流入の現象 2.政府機関の無駄遣い 3.徴税の不備と税の不払い。

 住民の35%がPAの公務員になって、生活しているようだ。その基は外国の援助資金である。
 おそらく、パレスチナの国民経済がなりたっていかないだろう。

 ギリシアの危機も、公務員が多すぎて、楽な生活で国を財政危機に陥らせている。

 アメリカの共和党が、小さな政府(small government)を主張するのも、納得がいく。
 日本も、議員の数が多すぎる。しかし、民主党は口では削減を言うが、いっこうに実現させない。
 大阪市も職員が厚遇されすぎて、全国一の高い給与水準だとか聞いた。

 話が広がりすぎたが、パレスチナ人はまず足下から改革するのが順序だろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kawaikazu.blog73.fc2.com/tb.php/1064-94c92b3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。