カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

至極まともなグテーレス事務総長を パレスチナが非難する理由
 国連のアントニオ・グテーレス新事務総長が昨日「ユダヤ教の神殿がエルサレムの神殿の丘Temple Mountに存在していた」という発言をしたことに、パレスチナ高官は早速抗議をしたという。
 実は、昨年16年10月13日にユネスコは、「エルサレムの神殿の丘と呼ばれる地域はユダヤ教と関係なく、イスラム教の聖地である」という、とんでもない決議をしている。多数を占めるイスラム教国の顔色をうかがう、全く歴史的事実を無視した決議だ。
 ところが、それが偽りであることを知るグテーレス事務総長は、ユネスコ決議をひっくり返す発言をする勇気をもっていた。
 パレスチナは、新事務総長を「法的、外向的、人道的慣習を一切打ち破った。事務総長の権限を逸脱するである。パレスチナ人民に謝罪すべきである」と非難した。

 だから、偏向した決議が国連でなされた場合、それを根拠に後々に虚偽の罪を着せることが堂々と出来るようになる。

 もうパレスチナとまともな交渉をする気持ちは、イスラエル人から消滅していくのも当然である。

 ついでに言う。
 あのオバマの「イタチの最後っぺ」(イスラエルの入植地非難決議を安保理で通過させてしまった過誤)は、イスラエルの敵に無理難題を言う自由を与えてしまった。去りゆく大統領の沽券を保ちたかったかも知れないが、愚かなことであったと言わざるを得ない。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。