カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DBS運動は 歴史を曲げて反イスラエルの親パレスチナ運動
 皆さんはDBS運動という言葉を聞いたことが、おありだろうか。

 経済を看板に、イスラエルボイコットのパレスチナ寄りの政治運動をカモフラージュする運動で、日本人には馴染みがないかもしれないが、欧米ではかなり知られていて、無知な人々を偏見で洗脳することを一生懸命にやっている。
 たとえば、「無印良品」のショップがイスラエルで開店するとなったとき、反対運動を起こしたことなど、その一例である。

 その運動目的は(「無印良品」出店ボイコットのWebから引用)
犯罪行為を行ない続けているイスラエル政府を支えている経済システムです。この経済は、パレスチナの人びとから暴力的に奪った土地で、パレスチナの人びとを働かせて作られ、国際的な取引や支援を通じ成長している経済です。「BDSキャンペーン」は、戦争と暴力による経済を狙うものであり、その標的はイスラエル市民ではありません。

 少しでも歴史の真実、及びイスラエルの国情(民主主義、人種差別否定など)を知るものには、これが虚偽であることは明白である。
 ちなみに、DとはDivest(投資の撤収)、BとはBoycott(ボイコット、イスラエルの製品不買)、SとはSanction(経済制裁)のこと。

 昨日、リブリン・イスラエル大統領は、EU議会において演説し、ヨーロッパの対イスラエル政策についてコメントし、正しい理解を求め、パレスチナ和平案の虚構性を衝いた。その背景には、DBSへのイスラエル側からのアッピールがあるからと思う。

 パレスチナ自治政府も、これを応援している。しかし、イスラエルからの電気・水道・ガスなどの供給はボイコットしないのである。


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。