カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプトの学校教科書に 初めて「イスラエルとの和平条約」が載った
 エジプトの中等学校の教科者がこのほど改訂されて、初めて「エジプトとイスラエルが平和条約を結んだ」との事実が教えられることになったという。
 これは驚きだ。これまで学校の教科書に載っていなかったとは。

 このほど、エジプトの軍ラジオ放送がそう伝えた。逆に言えば、エジプトの空気が変わりつつあることにも驚かされる。

 エジプト庶民の間には、イスラエルに対する友好感情はうすい。平和条約があっても、反ユダヤである。
 しかし、教育の面からイスラエルについての認識が変えられていったら、その影響は大きいと思う。

 教科書の叙述は、事実を淡々と語っているとのこと。サダト大統領とベギン首相の交渉も、米国の仲介で行われたことも。

 一方、ムバラク大統領とか、イスラム同胞団のモルシー大統領とか、の評価は低くなっているそうだ。
 政治的配慮が教科書に反映されていくのは、お国柄であろう。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。