カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエル国防軍の中で クリスマスのお祝いが催される
 イスラエルの国防軍で、クリスマスのお祝い? 軍の中にクリスチャン兵士が増えているって?
 あれ、イスラエル軍にはキリスト教徒が居ないはずなのに、と驚いた。
 このニュースをよく見れば、ナザレなどのアラブ系クリスチャンが、イスラエルの市民権を持っていて、国防軍に志願しているということだった。

そういえば、思い出した。ナザレのナダフという教父が、イスラエルのキリスト教徒はイスラエル国と一体となって国を守らなくてはいけないと言って、キリスト教徒の若者に軍への入隊を勧めていた

 イスラエルはユダヤ教の国であるが、民主主義の国として非ユダヤ人の国民が国に奉仕するのを妨げない。
 すでに、ドゥルーズ人も、ベドゥインも、国防軍の兵役に就いている。
 イスラエルに友好的なキリスト教徒の兵士も、増える傾向にあるという。
 イスラエル国籍のアラブ・クリスチャンは、おおよそ16万人くらいと推定される。

 こんな事実は、イスラエル外部に知られていないではなかろうか。
 

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。