カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
ペサハにはイスラエルは一つの家族になる 貧しい家庭にも
 4月を迎えると、過ぎ越しの祭ペサハが近づく。今年は、15日に始まる。
 こんな話は、ユダヤ人らしいと感心した。
 ニューヨークには、貧しい暮らしをするユダヤ人家庭が50万はいると想定される。
 ユダヤ貧困対策協議会が、その人達に無料で、過ぎ越し祭用の食品を配布するという。
 約百万キログラム、つまり1家族当たり20キロに相当する。有り余る量ではないか。

 ペサハの最中は、マッツァー(種なしパン)でなくてはいけない。
 それを用意するのは、単なる慈善行為よりもユダヤ民族の伝統の維持という崇高な行為である。

 イスラエルは、一つの家族である。というトーラーの精神がここにあると思わされた。

 
スポンサーサイト