カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
イスラエルに住むクリスチャン共同体 国防軍へ兵士を送る
 イスラエルのネット紙、タイムズオブイスラエルに興味ある記事を見つけた。

 イスラエルに住むアラブ・クリスチャンは、市民権を持っている者もあり、その子弟の中からイスラエル国防軍に志願する者が総数では非常に小さいながら、今年になって3倍に増えたという。その数は、80人だそうだ。
 しかし、これは非常に意味のあることである。
 イスラエルというユダヤ人の国で、非ユダヤ人のドゥルーズ族やベドウィンからも兵役に就いている。
 それに加え、クリスチャンも、国の守りに参加したいというのである。

 ガリラヤのガブリエル・ナダフ教父から、クリスチャン兵士達は感謝状を受け取る写真が載っていた。
 同教父は、この国のクリスチャン共同体とユダヤ人は共同の運命をもつ、と語り、国家に奉仕することを喜ぶと語った。

 国民として義務をまっとうに考える少数コミュニティの存在は、素晴らしい。

 
 
スポンサーサイト