カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
シリア政府軍に 北朝鮮人パイロットが加勢
 シリア情勢の意外な事実、(まあ意外でもないが)シリア政府軍に北朝鮮のパイロットが参加して、ヘリコプターを操縦しているそうだ。
 昔から、シリアとイラン、北朝鮮は同盟を組んでいるが、
 内戦に、なぜ外国から加勢が来ているのか。そこまでして、自国の反体制派と闘っているのか。
 あきれる話だが、シリア軍の内部を信頼できないらしい。
 アサド大統領は、アラウィー派というイスラム教徒で、シリアでは少数派、シーア派に近い。しかし、スンニー派は敵対関係にある。シリア軍にはスンニー派の軍人が多い。前線に送ると、脱走や裏切りの可能性がある。それで、兵力不足をかこっているわけだ。
 対策に、レバノンのヒズボラが、シリア政府軍に加勢している。イスラムでない北朝鮮人に、反乱軍を攻撃してもらっている。

 逆に、反乱軍には、アルカイダやその他過激武装集団が参加しているのだ。

 シリアは、ほんとに乱れに乱れた戦場である。


スポンサーサイト