カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自前の天然ガス生産と輸送が始まった
 ハイファ沖の天然ガス田から初めて、今日約200キロ離れたアシュドッドまで生産された天然ガスが海中パイプラインで輸送されたという。
 エネルギー相のシルヴァン・シャローム氏が「歴史的瞬間」であると、述べた。
 これはイスラエル国がエネルギーの自給自足への一歩を実現した、喜ばしい瞬間である。
 しかも、ペサハの間の出来事は、実に象徴的であるという。
 そのとおり。ペサハは自由への道を先祖が踏み出したときだから、エネルギーの独立は現代のペサハにふさわしい。

 2009年以来、エジプトからの天然ガス輸入は途絶えていた。もうはやシナイ半島のパイプラインに頼らなくていい。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。