カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

招魂社が創立させた日
 九段の靖国神社の氏子のような私から、関心のある方に知っていただきたいこと。

 昨日の6月29日は、明治2年、靖国神社前身の招魂社が創立された日です。
 明治維新の前後から、以降から国のために殉じた方々を祀るために造られたのでした。
 明治12年に今のように改名されました。

 随分前ですが、私は、青年たちを連れて参拝したとき、松平宮司(松平春嶽の曾孫)が迎えてくれて歓迎のお言葉をいただいことがあります。戦後、守られたのはカトリックの司祭のお陰である、自分は暁星中学を出たが、キリスト教を宣伝せずただ日本の人材を育てることに努力してくれたことに感謝していると、講話を聞いた。

 靖国神社は、宗教宗派に関係なしに、国に殉じた霊を慰霊している。
 神社形式は、寛容な日本人にあっていると思う。

 
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。