カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月30日の所感 わがブログ400回目
 今日は、6月30日、日本の暦では神社で「大祓え(おおはらえ)」が行われる半みそかである。
 今年も、1年の半分を過ぎ越したかの感慨があるわけだが、その区切りにそんな心の仕切り直しがあっていい。

 6月と12月の末日に行われれる大祓えは、罪とけがれをはらい清める神事であるが、その特長は社会全体の罪穢れ、災厄を取り除くための祓えという点にある。
 まさに、日本全体の厄をはらってもらいたいものだ。

 この「くだん日記」は、通算400回目になった。よくまあ、続いた、と思っている。
 ブログは気軽に書けるからいいと思って始めたが、自分で肩の凝ることはしないと決めたのがよかったのか。
 それでも、不特定多数の読者がおられるので、自己満足でいいわけではない。何を今日は書こうかと、さっさと話題が浮か時とそうでない時があって、迷うこともある。ブログ拍手をいただくと、張り合いが出る。それで、書くものの方向性は見えてくる。
 ただし、30分以内の時間枠でブログはし終える、というルールは、筆無精を克服するのに役立った。
 それと、イスラエルのニュースウオッチ(観察)に精が出るようにもなった。公開情報を丹念に見ているだけでも、日本の新聞情報の欠けが補えだけでない、世界の動きが時間軸と空間軸の中で見えてくる。

 たとえば、G8に続くG20に、サウジのアブドゥッラー国王が参加していて、オバマ大統領と会見した。
 イスラエルとパレスチナの交渉再開を願っていて、二国併存案を抱いていること、サウジのアラブ提案が生きていること、などが浮かんでくる。スンニー派の大国は、イランやハマスが大嫌いである。

 この400回の継続で、期待していたのは、読んでくれた方のコメントなどがもっと寄せられることであったが、それほどでもなかった。
 まあ、私の内容がそれに値しないのだろうけれど、コメントを書くのには、書くという行為が気楽にできないと思われているのだろうと、推測している。
 もう少し脳をしごくのが、脳のために良いとは、茂木健一郎氏のヒントである。皆さん、「脳は怠けたがっているぞ」


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。