カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ・ベルリン新空港の建設 まだ出来ない
 イスラエルのジャーナリスト、ノア・クリーガー氏が「新たな反ユダヤ主義の主な理由は『嫉妬』である」と伝えたコメント記事を昨日、紹介した。それはあまりにもイスラエルが優秀な国家であるために、ヨーロッパ人はうらやましく思っていると。
 そのうえ、イスラエル国家の誤りをずいぶん指摘するのがヨーロッパ人だという。

 クリーガー氏は、彼の弁論として、だれでも誤りをするし、イスラエルも同様だ、しかしドイツも訳の分からない誤りをしているとして、一例を挙げた。それは、ベルリンの新国際空港の建設のこと。世界で最も進んだ設備で、最も美しい空港の名の下で、設計建設されて2011年に完成の予定であった。ところが、何度も完成は延期になって、やっと2016年に、といわれた。しかし、事実は、専門家によれば、2019年以前に完成は難しいとか。これが「天才」ドイツ人の仕事である。
 空港名は、ブランデンブルグ空港、またの名はヴィリー・ブラントという。計画が始まったのは1998年で、当初開港は2007年だったという。それが20年以上かかるとは!
 どうも東京の豊洲市場どころではないね。

 国家的プロジェクトが進められるときに、本質的にその国民性の総合力が問われるのである。


スポンサーサイト
ハロウィーンとナチス風衣装事件
 ハロウィーンが日本にはやりだして、嫌な思いを抱いている1人だ。なぜこうも物まね好きなのか、日本の商業ジャーナリズムのせいだろうけれど。アメリカを訪れたとき、住宅街のきれいな家の玄関に、骸骨や幽霊らしきものが飾ってある。ぎょっとした。まあ、カボチャくらいなら愛嬌があると言ってもいいが、どうぜやるなら本場をみならって、どくろや人体骨格見本でも飾ってみたらいい。この祭りの背景を知らないから、また知りたいとも思わぬ、流行に流される日本人。クリスマスがもう商店街に飾られ始めた。それと同じくらいに考えているのだろう。

 ところで、ハロウィーン行事のナチス風衣装が炎上したとニュースにあった。少女の仮装がナチスの軍服に似ているとかで、外電に流れ、それがロサンゼルスのSWC(サイモン・ヴィーゼンタール・センター)から非難されるにいたった。衣装を着けさせた組織が、ソニーミュージックという国際的に知名度のある会社と関連があるから、無視できなと思われたのであろう。
 SWCはもともとホロコーストを風化させないための教育機関を目指すという。しかし、日本に対しては反ユダヤ主義の言動に反省を求めて、何かあると干渉してくるとして、SWCに対し一部のマスコミ知識人から「嫌ユダヤ」の反応が示される。たとえば「圧力に屈っしたらだめ」とブログに書いているのは、高須某という医師。(この人物はどうも嫌ユダヤの言動をするくせの持ち主らしい)

 その種の行為がドイツなら立派な犯罪として成立することを知らないというなら、日本の国際スタンダードへの無知が露見した事件なのだろう。
 もっとも、かつて「マルコポーロ事件」という出版界を震撼させたSWCの干渉事件があった。講談社が批判されて謝罪し、ホロコーストについて教育啓蒙するとの約束をした。日本では、その時その時で謝って、通り過ぎる体質があるようだ。
 今回も、同じ経過をたどることだろう。

スコット(仮庵の祭り)の教訓 
 フェイスブックに「中秋の名月を見逃したので、月遅れの十五夜です。」と書いて、富士山の峰に雲から見える満月の写真が披露されてあった。昨夜かな。
 これは面白い。それは、「仮庵の祭り(スコット)」の第1日目が満月で始まる。
 通常は、中秋の名月に重なるのだが、ユダヤ暦が閏年のために、1カ月ずれているのが、今年。
 それを表現したフェイスブックの阿部求氏の作品に、喝采を送りたい。

 スコットは、モーセに率いられたイスラエルの民の砂漠時代を記憶する。
 だから、仮庵をつくるのも、砂漠の材料の乏しい家でなくてはならない。屋根は穴が空いていて、空が見える。
 所詮、人生は旅である。わびさびの世界が、ユダヤ人と日本人にも共通だなあ、と思わせられるのが、この時。
 とはいえ、ユダヤの世界の場合、スコットは実に明るく、楽しい雰囲気がある。それは、ヨム・キプールの聖日の後で、もう一度罪が許されて、新出発できた喜びが根底にあるからか。約束の地カナンの行くまでの旅路は、苦難でも希望に裏付けされていたからか。

 どうも現代の世界は、どこもかも失望落胆の兆候が一杯だ。
 アメリカの友人知人たちの、やるせない思いを同情する。
 しかし、歴史の主は、神である。人間よ、絶望せず、神に訴えよ、出エジプトした民のように。あるいは、モーセのようなリーダーを興してくださるかもしれない。

シモン・ペレス前大統領 逝去される
 シモン・ペレス前大統領には、今朝、2週間の病との戦いを終えて逝去されました。
 謹んで哀悼の意を表します。
預言者の指摘する罪 貧しい者を省みないこと 現代の資本主義もそれ
 聖書の中で3大預言者といわれるのは、イザヤ、エレミヤ、エゼキエルである。預言書の中でもっとも浩瀚な書を成している。
 彼らが共通して言っているのは、イスラエルの民はその罪のゆえに国を失って異郷に散らされるが、やがて約束の地に神が返してくれる、希望を失うな、ということだ。
 その罪とは何であったか。それは指導者階級がおのれの欲望を満たし、貧しい者や弱い者をしいたげて省みないことだ。

 現在でも、同様ではないか。最近のグローバリズムで、強欲資本主義を利用する一握りの連中が富を独占し、貧しい、弱い者はますます惨めになっていく。経済格差はますます拡大しつつあるのに、それを肯定している。顕著に見られるのは米国の社会、ユーロのドイツと南欧の国々、中国などなど。
 フランスの歴史人口学者エマニュエル・トッドの指摘に注目している。『帝国以後』や『グローバリズムが世界を滅ぼす』(文春新書)などは実に啓蒙的な本である。それから『「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告 』(文春新書)なども興味深い。

 聖書は、社会の公正と正義を主張する。詩編82は、神が神々の会議で彼らを叱っているという宇宙的ドラマを描く。(神々とは、国々の守護天使の意か、あるいは国の指導者か)

 「あなたがたは、いつまで不正な裁きをなし、
 悪しき者に好意を示すのか。
 弱い者と、みなしごを公平に扱い、
 苦しむ者と乏しい者の権利を擁護せよ、
 弱い者と貧しい者を救い、
 彼らを悪しき者の手から助け出せ」

 富める者がますます富み、貧しい者はいよいよ苦しむ、そんな社会は、神がやがて裁き給う。


 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。