カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

河合一充

Author:河合一充
(かわいかずみつ)
 イスラエルと日本の架け橋を願って、85年株式会社ミルトスを創設。イスラエル・ユダヤ・聖書関連の出版編集をもって、日本の社会にささやかな貢献を願った。現在現役をリタイアを考える。ヘブライズムの基なる思想を紹介したいと思っている。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

ご感想をひと言どうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

河合一充 くだん日記
思いつくままに、イスラエル・ユダヤ・聖書・日本など書き連ねる。よってくだんのごとし。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの交通事情
 アメリカの交通手段は、圧倒的に自動車である。言うまでもない。
 だから、運転が出来なければ、生活の自由度は断然少なくなる。

 それでも、ここシアトルおよび郊外は公共のバスがよく整備されている。最初の頃は利用させてもらった。
 カークランドからシアトルのダウンタウンまで、約30分以内で行ける。15分か20分の間隔で走っている。
 料金は、シニアー(65歳以上か)なら1ドルで乗れる。しかも、乗り継ぎチケットをくれるので、帰りはそれを使えば往復1ドルですむ。日本のバス料金に比べれば、大いに安い。
 バスが整備されているのは、ダウンタウンでの駐車の問題がある。駐車料は高い。だから、通勤する人も自動車で、ある停留所まで乗ってきて、そこにある大型の無料駐車場に置いておいてバスでシアトル市内まで行く。便利なシステムだ。
 とにかく、アメリカでは個人の自家用車があふれ、早晩行き詰まるだろう。もっともフリーウエーなる高速道路が発達しているから、日本に比べれば、格段に便利であるのは間違いないが。

 鉄道はどうなのか。かつては大陸横断鉄道がアメリカの立派な交通手段の花形だった。まあ、19世紀の頃かな。
 それでも、アムトッラクという公共の鉄道システムが全米にある。その鉄道会社が、シアトル=ポートランドの旅客列車を、もともとの貨物列車の線路を利用して、走らせることにした。自動車社会の改善を目指したのだろう。
 なんと、その最初の列車が、18日の月曜日に猛烈な脱線事故を起こした。
 そのニュースをテレビで見て、びっくり。比較的に近いところであった。昨日あたりから、その原因が分かりだしているようだが、列車のスピードの出し過ぎもあったらしい。制限時速30マイル(48キロ)のカーブを80マイル(128キロ)で突っ込んだという。線路はたまたまインターステート(州間高速)5番の上を通っていた。線路から下の高速道路に車両が落ちている。
 鉄道の運転技術のイロハではないか。アメリカは鉄道向きではないのかな。こんな危ない鉄道には乗れないなあと思った。
 よく言われたが、鉄道の旅も面白いよと。車窓からの風景もすばらしい。シアトルからバンクーバーまでのアムトラック鉄道は良い、って。くわばら、くわばら。
 アメリカはやはり車が一番か。遠距離は飛行機で。

スポンサーサイト
アメリカ生活とニュース
 米国に住んでいて、米国のニュースを知るのは、かなり不便である。
 少しばかりの体験を語ると、西海岸のシアトル市の郊外、カークランドという町に住み始めた。
 自分が通常目にするマスメディアはテレビのみで、ローカルの新聞も大手の新聞も見たことはない。
 したがって、世間で何が起こっているかよく分からない。
 もちろん、ネットで大手のメディアはのぞいて見てはいる。ただし、ニューヨークタイムズ紙やワシントンポスト紙をはじめ、もう信用はしていない。この前の大統領選の報道の有様から、偏向だらけだから。
 テレビは、ABCやNBC、CBSなど一流と言われるところより、CNNやFOXのほうがニュース報道番組が多く、こちらを見ることにしている。といっても、英語が早すぎて、半分も聞き取れない。ただし、面白いのはFOXがトランプ贔屓で、それに徹している感じだ。そのうちに耳が慣れることを念じているが、老齢の身にはかなりむずかしい。
 トランプ大統領の評価、これは交際上にも響くことで、口にしない方がいいようだ。米国の西海岸は民主党ファンが多く、トランプ嫌いが少なくない。「FOXのテレビを見ているよ」と言うと、止めた方がいいと忠告を受ける。
 アメリカは広い。大きすぎる。どこかの州で起こった出来事も、政治の問題も経済のことも、どこか遠い世界の話のようにしか関心が薄くなってくる。日本のことなど、ほとんど報道されていない。
 まあ、ゆったりと過ごそうか、世は何事もなし。
 とは言え、1000キロ以上離れたカリフォルニア州の山火事は大いに心配した。


トランプ大統領の対エルサレム政策の意義
 長い間、ご無沙汰しました。断筆のつもりでしたが、最近のイスラエル情勢をめぐる内外のコメントをかいま見ると、沈黙しがたく、以下に言わせていただきたくなりました。

 トランプ米大統領の「米国の在イスラエル大使館をテルアビブよりエルサレムに移す」との表明が国際世論を騒がせている。その大部分は、否定的な評価である。日本においても産経新聞ですら12月8日「産経抄」に「エルサレム首都認定はテロを引き起こす」と書いていた。大使館の移転は、もちろん前提にイスラエル国の首都はエルサレムである、という認識の上でのことは言うまでもない。 ここで詳しくその真偽を論じるつもりはない。
 このブログで指摘したいと思ったのは、米国の外交政策上の重大な、ある出来事があり、それに対するトランプ大統領の極めて真っ当な是正行為が今回の背景にあることを、申し上げたいのである。しかも、ほとんどの日本の識者・ジャーナリストがそのことに気づいていない、あるいは無知である。
 それは何かというと、昨年「2016年12月23日、国連安全保障理事会は、イスラエルがパレスチナ占領地で進めている入植活動を批判し、活動の即時停止を求める決議(2334号)を賛成14、反対ゼロ、棄権1(米国)で採択した。安保理が、イスラエルの入植政策を批判する決議を採択したのは36年ぶりとされた。」(中東調査会・中東かわら版より)
 この安保理決議2334号は、よくある国連の反イスラエル決議の一つのように軽く見なして問題はないかも知れない。国連はもともと反セム主義の牙城であり、またか! と。だが、問題は米国が拒否権(veto)を行使せず、棄権に回って、この種の決議を1979年以来初めて(したがって37年ぶり!)通過させたことである
 この時の大統領は、言うまでもなくホワイトハウスを去りゆくオバマである。すでに次期大統領はトランプに決まっていた。オバマは8年間大統領職にありながら、イスラエルのネタニヤフ首相とは最も非友好関係にあって、中東和平を停滞させてきた。実績ゼロである。それだけでなく、この決議を仕組んだのも彼ではないかと言われる。
 この決議の内容は、米国の対イスラエル・パレスチナ政策の伝統をひっくり返すものである。米国は、エルサレムに関しては現状(status quo)維持を方針としてきた。しかし、2334号はイスラエルの東エルサレムを占領と非難し、国際法と国連憲章の違反と決めつけている。つまり、たとえばユダヤ教の最も神聖な聖地、西の壁を占領地であるとする。エルサレムが3大宗教の聖地であることを容認しないのである。
 米国は、イスラエル・パレスチナ間の最終的解決に委ね、エルサレムの地位について未決定の立場を貫いてきた。イスラエルはパレスチナとの和平交渉に何の前提も設けず行う、との立場を取っている。しかし、今度の安保理決議は、現状を変更し、イスラエルに極めて不利な条件で和平交渉を要求するものである。これではますます交渉を難しくする。
 オバマ大統領および民主党政権のこの決議を通させたのは、長年の米国の伝統を破り、かつ次期政権の中東政策をより困難に陥らせることを狙ったとしか見えない。最後の最後までケリー国務長官は、その線でごり押しをして、何の成果ももたらさなかった。
 トランプ大統領は、オバマの邪な(ネタニヤフ首相への嫌悪から来る)行動を正し、元々の中立的な、親イスラエルの同盟関係に米国を戻すことを目指したに過ぎない。そして、テロを恐れて事なかれ主義に甘受する既成政治家にならうことなく、あの表明を行ったのであろう。民主党の大統領候補になったバニー・サンダース上院議員は、ユダヤ人でありながら、今はその時期でないとトランプに反対している。
 やがて時がたって、歴史がどう裁くかは楽しみである。


日本最後のご挨拶
 永らくご無沙汰いたしておりました。
 事情により、これから米国に移住します。ミルトス時代には大変ご愛顧とお励ましを頂きました読者の皆様に心から感謝申し上げます。
 出エジプトの過ぎ越し祭(ペサハ)の時期に、新しいカナンを目指して出発することを願いました。
 そのごとく、ペサハの週に日本を立てることをうれしく思います。

 不思議なことに、この数日のうちに、私の携帯電話が行方不明になりました。自分でもどこでなくしたか全く記憶にありません。
 惜ししむらくは、携帯電話に入れた情報が一切消えたと同然です。
 ああ、その上、今日の海外引越サービスを頼んだ会社の人が、本を詰めていた際に、私の知らない間に、本と並べてあった私の歴年の住所禄ファイルを梱包してしまって、今手元にありません。2,3ヶ月後にしか荷物は着きません。
 従いまして、私の友人・知人にはこちらから連絡しようがないので、無音で過ごさざるを得ません。どうぞ、ご無礼をお許しください。
 これは、日本のことは忘れて、アメリカでの生活に集中せよとの、天のお計らいかも知れません。
 というわけで、大死一番、地上からは消えたつもりで生きよ、という天啓でしょう。
 では、さようなら! God bless you till we meet again!

ネタニヤフ首相の「メキシコ壁」に支持 メキシコ・ユダヤ人に迷惑だ
 イスラエルを支持することと、現イスラエル政権を支持することとは、やはり区別があってもいいと考える。イスラエル市民は多様な考え方があり、政治的にもイスラエルほど多様な意見を許されている国は他にあるだろうか。

 世界のユダヤ人がイスラエルのネタニヤフ首相の言動を評価するのも、実に率直である。
 最近、どうもネタニヤフ首相のトランプ大統領への賛辞は過ぎるようだ。 (気質が合うのかな?)トランプ大統領がメキシコとの国境に壁をつくり、その費用をメキシコに負担させるという、大統領令にサインした。メキシコ国民は憤慨し、メキシコ大統領はトランプとの訪米会見を中止した。 しかし、ネタニヤフ首相は壁建設案に大賛成で、支持を公言した(ツイッターに書いた)。世界でそこまで言う指導者は他にいない。
 メキシコのユダヤ社会は、ネタニヤフ発言を大いに迷惑がり、こんなに微妙な問題にイスラエルは中立であるべきで、静観するのがイスラエルの政治的立場である、とメキシコ・ユダヤ人は言っている(Ynetnewsより)。

 メキシコ外務省は、駐メキシコ・イスラエル大使を呼んで、厳重注意を言い渡した。メキシコ・イスラエルの外交関係に傷をつけることのないように、ネタニヤフ首相の謝罪を要求した。
 今日、イスラエルのリヴリン大統領が、メキシコのニエト大統領と電話会談するそうだ。修復に努力する必要はあるようだ。

 国境の壁と言っても、イスラエルと米国とは背景の事情が全く違う。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。